病院で受けるレーザー脱毛

エステサロンの脱毛施術では、レーザー脱毛は受けることができません。
レーザーの光を使用した脱毛は、美容皮膚科などの医療機関でのみ取り扱いが許可されているものであり、医学に基づいて脱毛をすることができます。
レーザーの光はメラニン色素などの黒い色に反応をします。
波長が長いことから肌に照射させても肌の奥にある毛根周辺に作用し、レーザーの熱によって毛の生える組織を破壊することができます。

医療脱毛が広く知れ渡ってきました。

何日か経過すると光を浴びた毛は自然と抜け落ちていきますが、毛を作る機能は低下させられているために以前のように毛を作ることができずにだんだんと細い毛質に変わっていきます。


そのためにむだ毛の処理が楽になり、さらに繰り返すことによってむだ毛の処理の必要が無くなってくるメリットがあります。

レーザー脱毛を受けるには、施術前に医師による診察が行われます。

脱毛したい部分の毛の量や質、また肌の色や質も大きくかかわってきます。
日本人のような黄色人種の肌色に合った機種が用意されている病院も多いものですが、日焼けをしていたりと肌の色が黒い人に取っては黒い色に反応する光であることから肌色に反応して痛みが発生することもあります。

また、逆に欧米人のような肌の色が白い人には効果が低い可能性もあります。

医療脱毛の口コミに有効なサイトです。

出力によっても調整ができますが、機種によっても得意とする分野が変わってきます。



複数の機種を持っていれば使い分けをしてもらえますが、レーザー脱毛を受ける時にはその病院で導入している機種にも注目してみるといいでしょう。




Copyright (C) 2015 病院で受けるレーザー脱毛 All Rights Reserved.